占いの館初心者講座 占いの館鑑定結果を有効活用する心構え

当たる占いの館
ぷちナビ子

占いの館の鑑定結果を生かす心構え

ぷちナビ子

ついに占いの館で占い師さんに視てもらいました! 良い未来が出てウキウキしている人もいるでしょうし、中には悪い未来が出て落ち込んでいる人がいるかもしれません。ですが、鑑定結果の善し悪しにかかわらず、それを生かすにはその後の心構えこそが重要になります。ここでは鑑定結果と向かい合うための心構えを解説します。

良い未来だった!

おめでとうございます! でも、良い結果だからといって、その後の努力を怠ってはいけません。占いの結果はあなたを後押しするものであって、実際に未来を決めるのはあなた自身です。良い結果に安心して完全にだらけきってしまい、結局外れてしまったなんてことだって珍しくありません。

悪い未来だった……

残念な結果が出てしまいましたが、落ち込むのはまだ早いです。鑑定結果というのは「現状のままだとこうなる」という予定図にすぎず、あなたの行動や発想が変われば未来も良い方向に変えられます。天気予報で雨が降るといわれたのなら、傘を持っていったり、天気に合わせて予定を変更すればいいのと同じで、悪い未来が出たのならそれに備えればいいんです。鑑定により悪い未来が出たら、占い師さんに「良い未来にするにはどうすればいいのか」アドバイスを聞いてみましょう。希望をかなえるのに足りない部分の指摘や、今は悪い結果だけどそこから良い未来につながるなど、アドバイスの内容は様々ですが、良い占い師なら悪い結果を伝えただけで終わりにせず、何らかのフォローをしてくれます。

不本意な鑑定結果とどう向き合うか

まず重要なのは、例え現状では不本意な鑑定結果であったとしても、それが相談者にとて必ず悪い結果であるとは限らないということです。「ある職業に転職したいと考えていたが実際には適性がなかった」「復縁を希望していた元カレが実は浮気していた」「別れた相手よりもっと素敵な人との出会いがあった」など、より良い出会いや結果に結びつくこともあるんです。良い結果ばかり求めると、相談者の求めることしか言わない占い師に引っかかりがちとなります。そうした占い師は現状にあったアドバイスができず、鑑定結果も外れることが多いため、結果的にお金と時間の無駄遣いとなります。

他の占い師に視てもらう

占いの結果が悪かったからといって、他の占い師に視てもらうのは得策とはいえません。大勢の占い師に同じ問題を視てもらうと鑑定結果がぶれてしまい、逆にどれを信用すればいいのか分からずに迷ってしまいます。よっぽどの外れ占い師(アドバイスの内容がこちらの話を聞いていたとは思えないほど完全に的外れ、やたら雑談をして露骨に時間を稼ぐ、自慢話や他の占い師への悪口が多いなど)に当たったのなら話は別ですが、基本的にはお勧めしません。同じ問題を何人もの占い師に視てもらうのは、占い依存症への第一歩だからです。

占い依存症とは?

占い依存症になってしまうと、何をするにも不安になり、その度に占い師に頼ってしまうようになってしまいます。特に24時間いつでもどこでも占ってもらえる電話占いは、思い立ったらすぐに占ってもらえるため、利用しすぎになりがちです。占いの館の場合、実際に現地に行かねばならず営業時間も決まっているので、電話占いよりは依存しにくいですが、それでも依存症になってしまう人はいます。占い依存症になると、未来が分からないことへの不安から何をするにもまず占ってもらおうとするようになり、さらに占いの結果に満足できず、何人もの占い師を渡り歩くようになってしまいます。

占いに依存しやすいタイプ

占い依存症になりやすい人は、自己評価が低く何事も受け身で行動しがちな性格の人が多いといわれています。そうした性格の人は、占い師から褒められたり、良い未来が待っていると言われても、本当にそうなのかなと思ってしまい、なかなか不安が消えません。そして不安から逃れるため占いに走り、その結果に満足できずに今度は別の占い師に視てもらうという、負のループにはまってしまうのです。

占い依存症にならないようにする方法

何をするにも誰かと相談しないとという人は、占い師以外にも本音を話せる信頼できる友達をつくり、まずはその人に相談するようにしましょう。誰かに相談すること事態は悪いことではありませんし、親友なら占い師と違って相談するたびにお金がかかるということもありません。自信がなくて常に不安な人は、小さな目標を立てて、それを確実にクリアするのを積み重ねていきましょう。小さな成功でもそれは小さな自信を生み出し、積み重ねることによって大きな自信となります。こうして得た自信によって、占いのことを「開運のための道具」「迷った時の行動指針のひとつ」として使うぐらいの気持ちでないと、かえって占いに振りまわされてしまいかねません。

最後に決めるはあなた自身

相性や体調など様々な要因がありますが、占い師の鑑定に100%確実なものはありません。確実ではない以上、占いはあくまで「参考にする」程度にとどめるべきなのです。「絶対に当たる占いがある」と信じ込んでしまうと、占いに頼りきるようになってしまいます。鑑定結果が良かったにせよ悪かったにせよ、その結果をもとにどのように行動するかを、最後に決めるのはあなた自身ということをお忘れなく。占いに振りまわされず、使いこなして楽しい占いライフを過ごしましょう!

ぷちナビ子

占いの館初心者講座

ぷちナビ子